紙工作のモノクロ版です。色とりどりの用紙を使っても面白いですが、白、黒、灰色の無彩色を使うと大人びた感じに仕上がります。絵画作品「モノクローム」とセットで行うと、その時の用紙を有効活用できます。

高学年立体作品-モノクロペーパーアート

まわれまわれ
作品イメージ

【用具材料】
はさみ のり ボンド
色画用紙 (長方形や三角形や台形に切った白、濃い灰、薄い灰、黒の画用紙)
台紙用白ボール紙(15cm×15cm)

【制作手順-4時間 対象-6年生】
1.紙を折ったり曲げたり切ったり編んだりして立体に表現する(3時間)
5.鑑賞する(1時間)

【めあて】
用紙の色や形を工夫しながら面白い形の立体に表現する。

【評価】
用紙の使い方、貼り方を工夫して、イメージを広げながら自分なりの立体的な形を作ることができたか。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

〇〇01
1.モノクロの色画用紙を材料に
〇〇02
2.色を考えながら編んだり
〇〇03
3.切ったり折ったり丸めたりする。
〇〇04
4.絵画作品「モノクローム」で残った用紙も利用した
〇〇05
5.面白い形を意識しながら
〇〇06
6.15cm四方の台紙の上に表現していく
〇〇07
7.台紙に色画用紙をはって模様をつけても面白い
〇〇08
8.できた形にさらに形を付け加えたり
〇〇09
9.積み重ねたり
〇〇10
10.作りながら考えていく
〇〇11
11.色の違いを考えて
〇〇12
12.用紙を使い分けることを意識して作る
〇〇13
13.完成作品
〇〇14
14.完成作品
〇〇15
15.完成作品
〇〇16
16.完成作品
〇〇17
17.完成作品
〇〇18
18.完成作品
〇〇19
19.完成作品
〇〇20
20.完成作品
〇〇21
21.完成作品

補足説明

・絵画作品「モノクローム」終了後に、使い残した用紙を再利用して行った紙工作である。なので、用紙にえのぐで模様が描かれていたりするが、それが用紙の種類を増やす効果につながる。
・時間の最初にまず台紙を与えた。台紙があることでその上に立体的な形を作っていくことができるので、子どもは考えやすいだろう。
・同様の紙工作は中学年「ゆめ模様のペーパーアート」があるので参照していただきたい。同じ紙を素材としても中学年と高学年ではできるものが違う。
ここがポイント
・今回の紙工作のように発達段階の異なる時期に同じ素材を使って学習するのも有意義である。ただ、全く同じことをすると新鮮味がないので、この題材のように扱う用紙の色を変えてみるなど、素材にひと工夫すると子どもの意欲を高めることができる。

【スポンサーリンク】