中学年平面作品-ゆっくり筆を動かして「宇宙で育つ大きな木」

宇宙で育つ大きな木平面

無数の星がきらめく宇宙に、枝をクルクルくねらせながら、どこまでも伸びていく大木。筆をはじいて飛び散る絵の具で星を表現したり、色の粉をボンドにふりかけて木の実を表現したり、いろいろな技法で興味が持続する題材です。

宇宙で育つ大きな木の題材概要

【材料用具】
・黒の色画用紙
・パステル
・ボンド
・ポスターカラーマーカー

【制作手順 4時間】
1.色画用紙の上で絵の具を付けた筆を軽くはじいて星を表現する。(1時間)
2.筆の先だけを使うようにして、ゆっくり「グルグルグネグネ」と枝を描く。(2時間)
3.パステルで木の実を表現したり周りの様子を描いたりする。(1時間)

宇宙で育つ大きな木の制作過程

宇宙で育つ大きな木

筆をたたいて絵の具を落とす(ドリッピング)

宇宙で育つ大きな木

色を変えて繰り返すと銀河のように見える

宇宙で育つ大きな木

筆を立ててゆっくり枝を描く

宇宙で育つ大きな木

枝分かれは画用紙の下から繰り返すと自然と幹が太くなる。

宇宙で育つ大きな木

パステルをこすって粉にする

宇宙で育つ大きな木

木の実の部分はボンドて点を打って

宇宙で育つ大きな木

粉を振りかける

宇宙で育つ大きな木

余分な粉を落とすと立体的な木の実ができる

宇宙で育つ大きな木

まわりの様子など細かい部分は、マーカーを使うと良い

宇宙で育つ大きな木

完成作品

宇宙で育つ大きな木

完成作品

宇宙で育つ大きな木

完成作品

宇宙で育つ大きな木の詳細

・宇宙空間でクネクネと枝を伸ばす大木をイメージして描く題材である。
・紙の色が濃いので、絵の具に白を混ぜると線をはっきりさせることができる。
・星を表現する際のドリッピングは、筆を振ると絵の具が周りに飛び散るので、筆を固定して柄の部分をノックするようにさせる。それでも、顔や手、服などが汚れるので汚れても大丈夫な服装で活動する。
・パステルの粉は、ボンドの上にかけただけでは、うまくつかないので、紙を揺らしたり、下から軽くたたいたりしてボンドに付ける。余った粉は、画用紙を傾けて取り除く。手で払い取ったりしないようにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました