低学年平面作品-画用紙を切って花の形にする「不思議な花」

低学年絵画題材不思議な花平面

課題によっては大きさが重要な要素になります。色を塗ろうとして小さすぎるとうまくぬれませんし、大きすぎると紙に収まりません。ここでは、花びらの形を最適な大きさの用紙から切ることで、自然に出来上がりの大きさが決まるような題材を考えてみました。

不思議な花の題材概要

【用具材料】
絵の具 はさみ ボンド
8つ切り色画用紙(白)2枚
8つ切りの大きさの汚れてもいい紙(花びら接着用)
花の中心の型紙

【制作手順-4時間 対象-1年生・2年生】
1.画用紙を花びらの形に切り、ボンドで接着する(1時間)
2.背景に色を塗る(1時間)
3.花に色を塗る(1時間)
4.茎や葉を描き、花を接着する(1時間)

【めあて】
画用紙を工夫して切って、不思議な花を作る
クレパスで色や模様を考えて塗る

【評価】
花の形を工夫してつくれたか。
色や模様を工夫して塗れたか。

不思議な花の制作過程

低学年絵画題材不思議な花

八つ切り画用紙とそれを4等分した32切り画用紙

低学年絵画題材不思議な花

32切り画用紙3枚を半分に折る

低学年絵画題材不思議な花

花びらの形を工夫して切る

低学年絵画題材不思議な花

画用紙を切り取ったところ

低学年絵画題材不思議な花

32切り画用紙3枚で6枚の花びらができる

低学年絵画題材不思議な花

八つ切りの大きさの紙の上で花の形に並べる

低学年絵画題材不思議な花

花の中心を残りの画用紙で切る

低学年絵画題材不思議な花

ボンドを塗って

低学年絵画題材不思議な花

花の中心に貼る

低学年絵画題材不思議な花

ボンドが乾いたらクレヨン・パスで色を塗る

低学年絵画題材不思議な花

模様や色を工夫しながら

低学年絵画題材不思議な花

花全体を塗っていく

低学年絵画題材不思議な花

同じ模様や色で塗っても良い

低学年絵画題材不思議な花

背景は水を多めにすると塗りやすい

低学年絵画題材不思議な花

混色したり色分けしたりするのも面白いが

低学年絵画題材不思議な花

混ぜない1色でも大丈夫

低学年絵画題材不思議な花

花の中心を背景の紙にテープで仮留めする

低学年絵画題材不思議な花

花びらを持ち上げて花びらの下から茎を描き始めると良い

低学年絵画題材不思議な花

茎を下に伸ばしたら

低学年絵画題材不思議な花

葉っぱや周りのようすなどを描く

低学年絵画題材不思議な花

最後に仮止めしていた花をボンドで接着する

低学年絵画題材不思議な花

完成作品

不思議な花の詳細

・この題材は他の先生に実践していただく提案題材で、作品の制作過程、完成作品はすべて教師の制作によるものである。
・描いたものが大きすぎる場合、画用紙を足すことでも解決できる。しかし、作品展の出品規定などの制約から、8つ切りや4つ切りに収めたい場合も多い。そんな場合に、花びらを決められたサイズの紙から切ることで、完成の大きさをある程度コントロールできる。
・花びらを切るとき、画用紙を余分に用意しておき、うまく切れなかった子に渡せるようにしておきたい。また、半分に折って2つ同じパーツを作っているが、これにこだわらず、1枚ずつ花びらを作ってもよい。
・花びらが細くなった場合は、新しい紙でさらに花びらを切って、花びらの枚数を増やしても良い。
・八つ切りの大きさの紙の上で並べる際、大きすぎれば重なりを多くして、小さいようなら、間を広くあければ良い。また、全体的に花が小さくなった場合は、花を2個、3個作る方法もある。
・花びらの中心用に簡単な型紙を用意したが、型紙を使わずに中心部分を作った方が面白いものができる。型紙はうまく中心の形が切れない子にのみ渡すのもいいだろう。
・中心部分をボンドで花びらに留めたとき、下の紙にくっつくのを防ぐため、裏返して乾かす。
・制作過程では筆を使って1色で背景を塗っているが、ローラーころがしで色を付けたり、スポンジスタンプを使ったり、インクスプレーを使ったりといろいろな方法が考えられる。子ども自身に背景の塗り方を選ばせても良いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました