彫り進み版画は彫ると刷るを色を変えながら何度か繰り返していく版画です。彫った部分が前の刷りで使った色になります。例えば風景などを表現しようとすると、草の部分を緑色、木の部分を茶色にするためには、何回目に草や木を彫ればいいか考えなくてはなりません。これを未経験の子ども達が最初に計画するのは難しいので、形や模様を付け加えるようにして彫っていく題材を考えました。こうすることで、形や模様を付け加えると同時に、色も付け加えられていき、自然な形で彫り進み版画を学習できます。

高学年平面作品-彫りと色を重ねて

色とり鳥
作品イメージ
【用具材料】
彫刻刀、版木(450mm×300mm×4mm)、和紙(1人3枚)、版画作業版、見当板、バレン、練り板、ローラー、養生シート、新聞紙、インキ(青、茶、赤、黄、緑)
【制作手順-10時間 対象-6年生】
1.彫刻刀を復習し、アイディアスケッチをする(1時間)
2.1回目の彫り(2時間)
3.1回目の彫り(1時間)と1回目の刷り(1時間)
4.2回目の彫り(1時間)と2回目の刷り(1時間)
5.3回目の彫り(1時間)と3回目の刷り(1時間)
6.鑑賞(1時間)
【めあて】
色や彫りの重なりを考えながら自分のイメージを木版画で表現することができる。
【評価】
色の重なりを考えながら彫り進めることができたか
自分のイメージに合う色の組み合わせを考えながら刷り取ることができたか。
【スポンサーリンク】

制作過程写真解説

〇〇01
1.版木の裏で彫刻刀の復習をする
〇〇02
2.アイディアスケッチ
〇〇03
3.彫刻刀で絵を描くように下描きなしで三角刀で線を彫る
〇〇04
4.隣へ隣へを形を付け加えていくと彫り易い
〇〇05
5.鉛筆で線を描いてから彫っても構わない
〇〇06
6.白くしたいところが彫れたら、1回目の刷りに入る
〇〇07
7.明るい色のインキ(ここでは黄色)を版にのせる
〇〇08
8.見当板に版木をセットする
〇〇09
9.友達に協力してもらって
〇〇10
10.上を浮かせておいて、角と下で刷り紙を合わせる
〇〇11
11.彫ったところが白くなった
〇〇12
12.1回目の刷り上がり
〇〇13
13.版木を水洗いして水気をふき取り
〇〇14
14.2回目の彫りに入る
〇〇15
15.新たに形を付け加えたり、
〇〇16
16.模様をさらに彫り進んだりする
〇〇17
17.2色目のインキを板に付けて
〇〇18
18.先ほどの紙に刷り取る
〇〇19
19.1回目の刷りのあと彫ったところが黄色くなった
〇〇20
20.2回目の刷り上がり
〇〇21
21.刷り上がりを乾燥棚に入れて板を洗い
〇〇22
22.3回目の彫り
〇〇23
23.3回目の刷り
〇〇24
24.うまく色が重なった
〇〇25
25.完成作品
〇〇26
26.完成作品
〇〇27
27.完成作品
〇〇28
28.完成作品
〇〇29
29.完成作品
〇〇30
30.完成作品
〇〇31
31.完成作品
〇〇32
32.完成作品
〇〇33
33.完成作品

補足説明

・彫り進み木版画の題材である。彫り進み木版は1度刷った紙に同じ版を使って色を変えながら何度も刷り取っていく版画である。もちろん全く同じ版を使ったのでは色が同じ所に重なるだけだが、彫りを付け加えることで、完全には重ならない部分を作って多色を表現する。彫った所は、前の色が出ると考えると分かりやすい。1回目の彫りでは、彫った所にインキは付かないので、紙の白が出る。(1回目に彫った所は白)1回目に黄色で刷っていれば、その後彫る部分は次のインキがそこに付かないので黄色が残る(2回目に彫ったところは黄色)というようになる。
・このことは実際にやってみると理解できるが、未経験の児童にどこをどの色にするかを考えて彫らせるのはとても難しい。この題材は、彫り進み版画の仕組みを理解していなくてもできるものである。何度か刷りを重ねるうちに自然と仕組みは理解できてくる。
・同じ刷り紙に色を重ねていくが、版は彫り進んで変わってしまっているので、ずれたりして失敗したからといってもう一度1回目の刷りから行うことができない。そこで、最初から3枚程度は刷っておく必要がある。また上下を間違えたり、大きくずれたりして途中で失敗する場合もあるので、次のようにした。
1)1回目の刷りでは、うまくできなかったものは数に入れず、使えるものを3枚作る。
2)2回目の刷りで失敗した場合、失敗した枚数だけ2回目の刷りを単独で行う。つまり、黄色→赤色と重ねていた時、2枚失敗してしまった場合は、赤だけで新たに2枚する。こうすると手元には「黄と赤の重なった刷り」「赤の刷り」「赤の刷り」の3枚が残る。こうしておくと3回目の刷りを行う時、3色刷りか2色刷りを行うことができる。
・彫り進み版画は、同じ紙に複数回刷るので、ずれないように紙を版木にのせる必要がある。見当紙を使う方法もあるが、より正確に位置合わせができるように見当板を使った。作り方や使い方については、「見当板を自作する」を参照いただきたい。



【スポンサーリンク】